Himachal View theme

MVNOのデメリット

MVNOはとにかく安いというメリットがありますが一方でデメリットもあります。
ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアサービスが全て使えるわけではありません。
MVNOにするときは今まで利用していたサービスができなくなるか確かめる必要があります。
MVNO SIMはデータ通信なので音声通話ができません。スマホにMVNO SIMを入れただけでは通話はできません。
LINE、カカオトークなど通話アプリを入れたりFusionIP-Phone、050plusのようなIP電話を活用します。
しかし、通話アプリやIP電話はバッテリーの減りがとても早いです。また、IP電話が使えない機種もあります。LTEはエリア内でも電波の調子が悪いところが多いのが現状です。
通信制限も普通は7GBなのに対しMVNOは千円以下だと500MB、料金が少し高めでも2~3GB程度です。ユーチューブやアプリのダウンロードをよく使うという人はモバイルルーターを買うかキャリアとの契約の方が損しないでしょう。

2月212014

Published by at 1:22 PM under 未分類

タグ

コメントは受け付けていません。

Comments are closed at this time.

検索